• M&A

「息子には息子の人生がある」~経営者が紡ぐ想いと企業発展への道筋~

20年以上M&Aコンサルティング事業に携わる中で幾度となく直面してきたことがあります。それは、
「親族間の事業承継に対する強い想いと、企業の存続や繁栄はイコールとなり得るのか」
「子供に会社を継がせることは、本当に幸せなことなのか」
という経営者の苦悩です。

中小企業の経営者が後継者問題に直面した時、最初からM&Aを選択する企業の方が圧倒的に少ないと言えるでしょう。先ずは家族、特に息子や娘、娘婿などへの事業承継を検討され、難しい場合には対象を社内、社外へと広げていくケースがほとんどです。

今回は親族への事業承継について検討をされた企業のエピソードについてご紹介したいと思います。

「M&Aについて相談に乗って欲しい」

ある日、N社の専務から連絡がありました。
N社は以前から弊社の経営コンサルティングのクライアントであり、経営者をはじめ役員とも面識がありました。ただ、M&Aについてのご相談は初めてでした。何故ならご子息を後継者にされる予定だと伺っていたからです。

N社は経営者が一代で築き上げた創業40年超の鉄骨メーカーで、従業員約40名を抱える県内では業界トップクラスの企業でした。
当時ご子息が工学部建築学科を卒業され、大手ゼネコン企業での修行を終えてN社に入社されており、時期を見て事業承継される予定と聞いていました。

お急ぎの様子だったのでその日のうちにN社を訪問すると、連絡をいただいた専務(経営者の実弟)が「兄(経営者)と義姉(経営者の妻)にM&Aについて説明して欲しい」と仰るのです。
経緯を聞くと、ご子息が厳しい業界の中で経営を続けていく事を不安視され「自分はN社を継ぎたくない」と意思を固めていらっしゃり、そばでご子息の様子を見てきた専務もその意思を尊重し、第三者への承継(M&A)を考えている、というのです。
但し、これまでずっとご子息へ会社を継がせると考え、育ててこられた経営者ご夫妻が納得されない、当人間での話し合いも困難な状況、ということで、私に白羽の矢が立ったということでした。

これまでにも、他社でも親族への事業承継を断念されM&Aを決断されるケースを経験していたので、そういった事例もあるということを説明しましたが、経営者ご夫婦はなかなか納得されないご様子でした。
特に奥様は何度も「何故息子ではダメなのか」と仰っていました。
そこで、「継がせることは本当にご子息の幸せなのか」「継いだものの重責に耐え兼ね、ご子息も会社もダメージを受けたケースもある」などといったことについて時間をかけてお話致しました。
そして、ご夫婦が「M&Aを選択することが家族と会社にとって最善である」と苦渋の決断をされた頃にはすっかり夜も更けていました。

当時私も経営者として同じ立場だったので、お二人の苦悩は痛いほど理解でき、奥様の悲痛な面持ちは今も印象深く残っています。

そして譲渡先企業探しが始まりました。
N社からは「従業員の雇用を守ってくれる企業」という強いオーダーがあり、選定を行う中で海運業とメッキ加工や表面処理業を営むK社が候補に挙がりました。事業内容に強いシナジーもあるこのK社は、N社の取引先でもあり経営者同士同世代であったことも決め手となったようです。

そしてこのK社の経営者もまたご子息への事業承継を計画されていたこともあり、N社の苦悩を深く理解され、N社のご子息の雇用についても「必ず守る」と約束いただけたことも不安の払拭材料となり、スムーズに交渉・調印を行うことができました。

K社の経営者は、M&Aの成約後のごあいさつで従業員へ向けて「M&Aは社員皆の生活を更によくするため」「会社と社員のためのM&Aだ」と説明されたそうです。人情が厚い方で、まずは従業員の不安を取り除くことに尽力され、N社譲受後には資本提携記念として全従業員へ臨時賞与を付与されたとも伺っています。

 

いかがでしたか?

2021年度はM&A実施数は過去最多の4,280件を記録しています。(レコフM&Aデータベースより)この数字からM&Aは中小企業にとってより身近な存在になっていると言えるでしょう。

大手企業間のM&Aは”ドライ”に進むことに対して、私は中小企業のM&Aは”ウェット”である、と感じています。親族経営であることも多く、M&A後の家族の生活や人生がより身近なところにあるからです。ウェットなM&Aは、経営者や従業員が抱える不安要素が多いことも事実ですが、会社と会社、人と人との繋がりも深く人情味のあるM&Aとも言えるのではないでしょうか。

(インタビュワー:佐藤)

過去掲載記事
『経営者の最大の仕事は、後継者の決定である ~先代から受け取ったバトンをどう繋げるか~』はこちらから

過去掲載記事
『共栄経営センターにおけるM&A仲介事業の歩みと今後について』はこちらから

過去掲載記事
『M&Aの成功事例について~M&Aはタイミングがすべて~』はこちらから


共栄経営センターでは、いち早く事業承継問題に取り組み、数多くのM&A仲介実施を積んでまいりました。
M&Aに関するご相談・お問い合わせはこちらからどうぞ。

問い合わせフォーム

関連記事

  1. 経営者の最大の仕事は、後継者の決定である ~先代から受け取ったバトン…

  2. M&A仲介事業とは何か

  3. 譲渡企業のM&A成功へのポイント

  4. M&Aの成功事例について~M&Aはタイミングがすべて~

  5. 「会社の将来は自分で決める」
    ~後継者を探し続け、辿り着いたのは…

  6. ~大廃業時代をM&Aで救う~