採用面接で人材を見極めるポイント

新型コロナウイルス流行による経済活動への影響も落ち着きを見せており、採用市場は大きな変化が訪れています。求人掲載数を見ると、2021年10月の実績はコロナ前の2019年同月比94.4% と同水準で、一時は買い手市場へと一変した採用市場ですが、既に売り手市場へ戻どりつつあります。オンライン面接の活用など、採用手法も多様になりつつあるものの、以前と変わらず人事・採用担当者から聞こえてくるのは、「面接での見極め」の難しさです。
「採用した人材が、思っていた人物とは違った」
「入社後に早期離職してしまった」
など、なぜ見抜けなかったのか、と後悔する声も。
そこで今回は、なぜ見極めが失敗しやすいのか、その要因と対策をご紹介します。ご参考にしていただきますと幸いです、

人材紹介についてのお問い合わせはこちらへどうぞ

 

<目 次>
1.面接で陥りやすい7つの心理的偏りとは
2.心理的な偏りから脱却するためのポイント
1-1.ハロー効果
1-2.寛大化傾向
1-3.論理的誤差
1-4.対比誤差
1-5.対比効果
1-6.対比効果
1-7.ステレオタイプ評価
3.面接見極めの極意は「応募者の見えにくい特徴」を把握すること
4.「見えにくい特徴(意欲・性格・価値観)」を見極めるための質問例
5.知っておきたい!観察による見極めのポイント
6.まとめ


 

1.面接で陥りやすい7つの心理的偏りとは

面接での見極めの失敗はなぜ起きるのでしょうか。まず、第一に考えられているのが面接官の心理的な偏りです。心理学において「認知バイアス」と呼ばれ、気づかないうちに誰でも陥る心理的な偏りはどのような面接官にも発生します。どんなにベテランの面接官であっても、気づかないうちに自身の主観や感情に左右され、見極めに失敗しているという場面も。それではどのようなケースがあるのか具体的に見ていきましょう。

1-1:ハロー効果
特定の優れた点(劣った点)があると、他も優れている(劣っている)と評価すること

採用担当者が気づかぬうちによく陥ると言われているハロー効果。たとえば、面接官自身と同じ大学の出身の場合や有名大学卒の場合、「優秀そうだという印象」によって、その人物のすべてが優秀であるかのように思えてしまうようなケースです。逆に、一つの悪印象によって全てを低く評価してしまうこともあります。

1-2:寛大化傾向
評価が全体的に甘くなること

ハロー効果に近いですが、面接官自身と出身地が一緒であったり、雑談での趣味が共通であったりした場合、評価が甘く(寛大に)なるという現象です。

1-3:論理的誤差
似たようなことを関連付けて考えてしまい、推論で判断してしまうこと

「高学歴だから職務遂行能力も高いはず」「大学を中退しているから仕事も途中で投げ出すはず」など、応募者のハード面(学歴・社格・資格・役職)等から、この人物はこういう人だと想像や推測を紐付けてしまう現象です。ベテランほど過去の経験上そうだったと関連付けが強固になっている可能性があります。

1-4:対比誤差
評価者の能力や価値観と比較して過大・過小な評価をしてしまうこと

「(私はパソコンが苦手だけど)パソコンが得意なら優秀だ」「(私は英語が喋れるのに)英語が喋れないのなら優秀ではないな」など、自身の苦手分野・知見不足な部分を持つ応募者を過大に評価してしまうことや、逆に自身の得意な部分が苦手な人を過小評価してしまう現象です。

1-5:対比効果
直前に面接していた応募者が大変に優秀であった場合、次の応募者が実際には平均以上であっても、劣っているとして評価してしまうこと

応募者が多く、複数の応募者の面接日がバッティングした際に起こりやすい現象です。直前の応募者が、たまたま優秀だったため、次の応募者が本当は平均以上だったのに低く評価してしまうケースです。

1-6:情実評価
個人的な利害や感情で評価してしまうこと

応募者から聞いた苦労話に共感しすぎてしまう場合や、外見や雰囲気が良かったなど、個人的な感情が強く出てしまう現象です。情に厚い経営者や人事担当者に多い傾向があります。

1-7:ステレオタイプ評価
個人の思い込み(偏見)で評価してしまうこと

「応募者の服装の趣味が少し独特だから、感性が鈍いにちがいない」、「字が下手な人は事務処理が苦手に決まっているから、うちの仕事には向いていない」など、実際には根拠がない思い込みで、人を評価してしまう現象です。

人材紹介についてのお問い合わせはこちらへどうぞ

 


 

2.心理的な偏りから脱却するためのポイント

✓まずは「自分の評価には偏りがあるかもしれない」と自己認知する
✓採用する職種や役職ごとに評価基準を明確化する
✓他の面接官を同席させ、面接終了後に評価について議論する
✓評価ポイントの違いを認識し、自分がどのような能力やパーソナリティを高く評価するor低く評価する傾向にあるのかを認知する
✓評価システムの導入(適性テスト・リファレンスチェック)

人物の評価に関して、「私はまったく偏りがない」と断言できる方はほとんどいないかと思います。だからこそ、自身の心理的な偏りの傾向を知ることから始め、自分以外の方の視点で修正を加えることが、面接の見極めで成功するための第一歩です。例えば、複数人で面接を実施するとか、様々な年齢層や性別の方を交えた面接を実施するなどとできるだけ様々な視点で見極められる様面接官の選定を行うと良いです。

人材紹介についてのお問い合わせはこちらへどうぞ

 


 

3.面接見極めの極意は「応募者の見えにくい特徴」を把握すること

経験の浅い面接官ほど、仕事の経験やスキルチェックなど、履歴書・職務経歴書から読み取れる経験・スキルの確認を優先してしまいがちです。その上で、会話の中での礼儀やマナーなどをチェックして、見極めたと思いがち。しかしそれは、「応募者の見えやすい特徴」なのです。
スキルチェックなどはもちろん大事な部分なのですが、面接という対面の場で見極めるべきは、応募者の資質・性格・価値観など「見えにくい特徴」なのです。

応募者の「見えやすい特徴」と「見えにくい特徴」
◇見えやすい特徴:「仕事内容」「ポジション」への適合性
礼儀・マナー
風貌・雰囲気
専門知識・資格
語学
卒業学部・研究室
一般常識
◇見えにくい特徴:「人間関係」「社風」への適合性
知的能力・論理性
志向特性
熱意・意欲
性格・資質
価値観・自己概念

即戦力を求める中途採用では特に、自社での「仕事内容・ポジション」に適合するかという「スキルマッチ」の部分で面接が進みます。繰り返しになりますが、もちろんスキル面の確認は重要なのですが、見えにくい特徴である「資質・性格・価値観」を把握し、「自社の社風や社員の価値観にマッチ」するかを把握することがより重要です。これこそが見極めの極意となります。

人材紹介についてのお問い合わせはこちらへどうぞ

 


 

4.「見えにくい特徴(意欲・性格・価値観)」を見極めるための質問例

✓ご自身の強みは何ですか?その強みを、当社の仕事のどういったところに活かせると思いますか?
✓プライベートの友人は、あなた自身のことを、どんな性格だと思っているでしょうか?
✓これまでの人生において挫折したことは?その時、どう対処しましたか?
✓どのようなマネジメント(管理)方法が、あなたのベストパフォーマンスを引き出すと思いますか?
✓仕事でストレスを感じたときに、どのように発散していますか?
✓仕事に限らず、恒常的に学んでいること、勉強していることはありますか?
✓働く上で、あなたのモチベーションを高めるものは何ですか?また、何があなたのモチベーションを下げますか?

上記のような質問をすることで、自社の社風や、一緒に働く社員とマッチするかどうか判断が可能になります。スキルはあっても、意欲・性格・価値観が配属予定の部署のメンバーと合わないといったイメージがわいた場合は要注意です。

人材紹介についてのお問い合わせはこちらへどうぞ

 


 

5.知っておきたい!観察による見極めのポイント

応募者の表情、態度、声のトーンなどにも見極めのポイントがあります。ぜひ、参考に観察してみてください。

(見極めのポイント)
姿勢や行動など目から入る人物情報ですが、それぞれ観察する事項・部分とポイントがあります。こちらは主観になりがちなこともあり、同席者がいれば面接後のすり合わせをすることで偏りが防げるはずです。
また、緊張しやすいタイプの応募者と、応募者から威圧的に見える面接官などの組み合わせで起きる事項もあり、リラックスして話ができるよう雑談を事前に挟むなど、工夫した上で観察していきましょう。

人材紹介についてのお問い合わせはこちらへどうぞ

 


 

6.まとめ

「面接には心理的な偏りが生まれやすい」「第三者を面接に参加させるなど偏りを調整する」「応募者の見えない特徴を見極める」「観察での見極めも使う」など、これらのポイントを参考にすると、応募者の本質を見極めることができるようになるはずです。ぜひご参考いただき、より良い面接見極めを実践してください。

人材紹介についてのお問い合わせはこちらへどうぞ

 

関連記事

  1. これからの採用面接の在り方 ~オンライン面接~

  2. 超採用難時代を乗り越える採用方法

  3. 女性管理職の多い企業様、魅力ある職場をアピールして 採用難を解決してみ…

  4. ベトナム人採用を成功させる方法

  5. 求人原稿の効果的な書き方

  6. 中小企業が中途採用を成功させる秘訣