社内文庫を導入!福利厚生の充実と社内コミュニケーションの活性化に

読み終わった本や雑誌・マンガ・DVDや写真集など、特別ジャンルは設けず皆に手に取ってほしいものを社員それぞれに持参してもらい、新たに社内文庫(KKC文庫)を導入しました。

当社の行動指針の一つである『学びへの情熱』を持ち続けてもらうための一助として、また、本を通じて社内コミュニケーションの活性化を目指して、無料で図書の貸し出しを行っています。
社員それぞれがKKC文庫を積極的に活用することで、自己啓発や業務の手助けに繋がったり、本の感想を社員同士で共有する事で会話が増え、お互いの理解が深まるきっかけになる事を期待しての取り組みです。
また、定例会議のアイスブレイクとして、自身が持参した本の紹介を持ち回りで行う5分間のプレゼンタイムを導入。
それぞれ自分の好きな世界を知って貰おうと、結果的に5分間の説明では足りなくなるケースもしばしば。
早速、導入効果が見えてきている様に思います。

そして本棚は、当社がコンサルティングにて入らせて頂いた広島にて手作り建具・家具を手掛ける企業様にお願いし、オリジナルで制作して頂きました。
と言うのも、当社オフィスでは、本棚を設置したい壁がアール形のため、市販の本棚を設置する事が難しく、オリジナル制作するしかなかった訳ですが・・・。
しかし、完全受注生産で、全て職人さんによる手作りにて制作される同企業様にご依頼した事で、写真の通り素敵な本棚が完成しました。
おかげさまで、これまで無機質だった執務スペースの雰囲気が変わり、お洒落?に、そしてグッと明るくなりました。

ご興味がありましたら、素敵な空間づくりをお手伝い頂けるこだわりの建具屋さんをご紹介させて頂きます。
お気軽に当社担当営業までお問い合わせください。

(ライター:河野翆)

平成31年2月