新着情報

現場からの最新情報直送便(コラム)更新しました


しつけは自分で自分にするしかない

■しつけは、自ら決めごとを守ること

しつけは、「決めごとを守る」ことです。

決めごとは、守らされるものではなく、自ら守ることに意味があります。

ですから、しつけとは、「自分自身」から行うことなのです。

そのためには、ただ守るだけでなく、「何をなぜまもらなければならないのか」を理解(納得)することが必要になりますが、それがしつけの動機づけになるからです。

「もし、このルールを守らないと、事故になってしまう」、あるいは「品質不良になり、お客さまに迷惑をかけてしまう」というように、ルールを守る重要性が理解できれば、人は自然にルールを守るようになるのです。

本文こちらから>>


掲載日:17/06/22